マッチングで人間関係を構築

人間関係を構築するには、笑いも必須となります。
笑いは、ラポールの状態を確立するために役立ちます。
ラポールとは、互いに信頼関係を築けている状態のことです。
人間は、真面目だから好かれるとは限らないのです。
いくら真面目でも、ユーモアが通用しないような人だと、周囲から付き合いにくい人間だと思われてしまうのです。
笑いは、人間関係の潤滑油となるものです。
人間関係の構築のためには、アイアクセシングキューとマッチングも取り入れましょう。
人間の心は目に表れます。
目を見れば、何を考えているのかが大まかに分かるのです。
これを発展させたものがアイアクセシングキューです。
相手の思考を深く読み取ることで、相手との接し方が分かってくるのです。
マッチングは、相手と同じような人間になることで、安心感を与える方法です。
NLPのテクニックとして多用されています。
具体的な方法には、ミラーリングやバックトラッキングがあります。
互いの共通点を見つけることで、相手に安心感を与え、リラックスさせることができます。

NLPはアメリカで盛んな心理療法のひとつです。
正式名称をNeuro-Linguistic Programmingと言います。
日本語に直すと、神経言語プログラミングという意味になります。
NLPにはさまざまなテクニックがあります。
ここでは、マッチングとアイアクセシングキューについて説明しましょう。
マッチングとは、異なるものを一つにするという意味合いがあります。
NLPの場合は、人間関係を構築するために相手との共通点を発見し、コミュニケーションしていくことを言います。
例えば、自分と同じクセを持っている人間がいれば、何となく親しみを感じるものです。
マッチングでは、バックトラッキングという手法があります。
カンタンにできる方法は、相手の言葉をオウム返しすることです。
すべての言葉だけでなく、一部でも構いません。
そうすることで、相手とのラポールを確立しやすくなるのです。
アイアクセシングキューは、相手の目を見て、何を考えているのかを見極めるテクニックです。
相手の考えていることが分かれば、会話をするうえで非常に楽になります。

目の動きの意味をマッチングさせる

人の心の動きというのは目に現れるのだそうです。
昔から目は口ほどにものを言うという格言がありますし、嘘をついているかどうかは目を見ればわかるなんていう人もいます。
こういったことは間違いではなくて、本当に目の動きを観察しているとその人が今どのようなことを考えているのかがわかる場合があるようです。
そしてたいていの場合目の動きというのは無意識のうちに行っていることなので、本音が垣間見えるというわけです。
ですから目の動きについてどのように動けばどう考えているということを知っていれば、相手とコミュニケーションをとるときにその知識と目の動きをマッチングすることができるので、相手の思考も読みやすくなるはずです。
たとえば視線を上にあげたときは視覚的なことを思い出しているそうですし、左に動かせは過去に、右に動かせば未来のことを考えているそうです。
もちろんすべて正しいというわけではありませんが、参考にはなるのではないかと思います。

血液型O型さんのマッチング

この場面において、この例を取り上げるのは適切か否かはわかりませんが、マッチングという技術は、血液型のO型の人がよく用いていると感じています。
それは意識して用いられている人もいれば、無意識に用いている人もいるという印象です。
なぜだかはわかりませんが、血液型のO型の人にマッチングを用いられている人がとても多い印象です。
また、アイアクセシングキューが最も活用しやすいのは、血液型のB型の人と感じています。
こちらもまたどうしてかはわからないのですが、どいういうわけか目の動きで読みやすい人は、B型の人が多いという印象を受けています。
血液型について、それぞれに特徴があって人格を分類されるということは、外国ではあまりないようです。
それは、それについての科学的データがなく、信憑性に欠けるからと思うのですが、しかし血液型別に特徴があることは、目の前の事実で証明でき、これらのことから血液型については不思議な神話が流れていると思いました。
これとNLPが繋がることは、注目すべき点かと思っています。

マッチングが役立つ場面とは

マッチングが役立つのは、人間関係の構築やコミュニケーションが必要な場面でしょう。
相手と同じような人間だと思わせることで、安心感を与えるのです。
日常生活においても、共通の趣味を持つ友人とは会話が弾むはずです。
初対面の人との会話で話しにくい場面でも、互いにゴルフが趣味だと分かれば、一緒にゴルフに行く約束をしたり、ゴルフ理論を語り合ったり、交流するための糸口はいくらでも見つかります。
相手の深部というのは、長年付き合ってみないと分からないものですが、第一印象は一瞬で決まってしまうのです。
営業や商品説明などの場では、いかに短時間で相手に安心感を与え、気持ちを開いてもらうかが重要です。
NLPの技法であるアイアクセシングキューを併用すれば、さらに相手との距離を縮めることができます。
「目は口ほどにモノを言う」という言葉どおり、目を見ていれば相手の心理状態が分かるのです。
アイアクセシングキューでは、相手の細かい心理を読み解くことで、コミュニケーションを取りやすくする目的があります。

マッチングでわかること

アイアクセシングキューの基本と利用の仕方を知っていると、相手の考えが、その体の動きからわかるようになるそうです。
これをマッチングというそうですが、NLPにおいては、あるスキルを使うことで、体の動きから心の状態を読み取ることができると言います。
それがすなわちアイアクセシングキューであり、このスキルは人の主観的体験を研究するうちに、人の心の状態は目の動きに表れる、という事を発見したそうです。
そういわれると、確かに人の心を読み取るのに、目はよく表現される箇所です。
目が据わっている、目が虚ろである、目が怒っているなど、目によって心の状況が表現されることもしばしばあります。
そうした目の動きから、今、相手がどのような心理状態でいるのかを知ることができるというのは、いろいろな場面において、メリットがあると思います。
相手の状況を素早く読み取ることで、こちらにとって有利な立場になるよう、誘導して行くことができるからです。

マッチングとアイアクセシングキューの利用

アイアクセシングキューを利用する事によって人の心の中などを観察する事ができるのだそうです。
これはNLPなどでも使われているそうですが、これによって相手のことを知ることができると、きっとコミュニケーションを円滑にすることができるのではないかと思います。
コミュニケーションを円滑にしたいと思っているのでしたら是非これについて学んでみるといいのではないかと思います。
人間というものは結構うそをつくものなのではないかと思います。
これは相手に遠慮をしての場合も多いのですが、しかし心の中を読む事によって相手を遠慮させる必要がなくなるのではないかと思います。
そしてマッチングもコミュニケーションには非常にいい方法なのだそうです。
これは呼吸などを相手に合わせるという方法なのだそうです。
これによって円滑に会話などをしやすくなるのだそうです。
これらを使って人との関わりを円滑にしていってほしいと思いました。
お勧めしたいと思います。

マッチングで応えてもらえたなら

何を隠そう、私はマッチングに弱いのです。
私の育った家庭環境では、私の発する言葉は大いに尊重されていました。
それは大人になった私に、他者に強い共感性を求めるように発展しました。
大人になった私はいい年をして、自分の発する言葉に求める反応をしない人がいると、まるで子供のように目に涙を浮かべ、失意の悲しみに暮れるという反応を起こすのです。
そんな私の、ナイーブ若しくは我がままな点を察して接してくれる人に、私は弱いのです。
それは具体的には、私の言うこと成すこと全てに、親のような温かい微笑を浮かべながら、頷いて肯定してくれる人のことです。
こういう接し方をして下さる方には、私は全身全霊を掛けて服従をし、心から好きというメッセージを送る態度でいることと思います。
また、私は人の顔色を読んでしまう癖があるので、いつもアイアクセシングキューによって今何を思い、何を言わんとしているのかを推察してしまいます。
その時にも、微笑みを浮かべて私を温かく見つめてもらえたなら、私は永遠の愛を捧げることと思います。

NLPは相手にとってふさわしい形に目標を設定し、その目標を目指すという心理学のことです。
海外から入ってきた心理学ですが、日本でも近年これについて学ぶ人が多くなってきたのだそうです。
そのときのスキルとしてアイアクセシングキューというスキルが使われる場合もあるのだそうです。
本人の心の中を言葉ではなく、観察をする事によって知るというものなのだそうです。
これは普段でもしている方がいらっしゃると思うのですがNLPでしたらもっと性格に判断をすることができるのではないかと思います。
人の気持ちを知るのには非常にいい手段なのではないかと思います。
ちなみにマッチングにも注目をしています。
これは私は簡単な方法だと思うのですが、結構注意しなければいけないのだそうです。
大雑把に言えば相手と同じようなことをすることなのですが、これもNLPには欠かすことができないのではないかと思います。
非常に魅力的な方法だと思うので基本について学ぶのが大事なのではないかと思います。

マッチングでコミュニケーションを円滑に

コミュニケーションを円滑にするために使えるのがマッチングです。
マッチングとは、NLPの基本テクニックのひとつです。
ラポール(信頼関係)を作るために用いられます。
バックトラキングは、マッチングでよく使われるテクニックです。
使い方は至ってカンタンです。
相手が話した言葉を、そのまま返すだけです。
やるときのコツは、相手の無意識に訴えかけることです。
過度にやると、逆に不快感を与えてしまいます。
チャンクダウンも応用できます。
相手の話した内容を上手にまとめあげて返してあげるのです。
アイアクセシングキューも役立つテクニックです。
相手の目を見ながら、何を考えているのかを予測していくものです。
これらのテクニックを駆使することで、ラポールの関係をいち早く築くことができます。
接する時間が同じ相手でも、信頼できる人と、できない人に分かれてきますが、これにはラポールが大きく関係しているのです。
ラポールが築けない相手は、相違点が多いのかもしれません。